最終更新日:2016/11/09
タグ:MHFシステム

パートナー

読み [ パートナー ]▼ 関連用語


目次
▼ 関連用語

概要

2013/12/18より実装された新たなラスタシステム。

一緒に狩りに同行できるもう一つのラスタ。
システム面もラスタとほぼ同じだが、パートナーはラスタより性能が強力になる。
性別、フェイス、髪型などはユーザー側で自由に決めることができる。
性格と好感度というパラメータが存在し、これらによって狩猟中のセリフが変わってくる。

パートナーを雇ってさえいればレジェンドラスタのように素材を持ち帰ってくる特典もある。
フォスタと違い、モンスターの体力が半分になっても教えてくれない。
MHFGGからモンスターの体力が半分になった時に専用のセリフで分かるようになった。

パートナーとの契約と解約

HR2(旧HR11)以上で総合ショップにて「改築上手・匠の技」を購入していることが条件。
ラスタ酒場にいるレジェンドラスタから契約できる。
一度紹介されたパートナーの性別は変更できない。
性格は変更できなかったが、G8で変更できるアイテムが天廊で登場する。

パートナーと別れれば、性別と性格などの設定を再び行うことができる。
パートナーと別れるには、「ラスタ酒場」にいる「パートナー説明ネコ」に話しかけることで解約できる。
ただし、解約すると成長させたステータスや装備は消滅してしまう。

最初に話しかけるレジェンドラスタに武器によって、パートナーの初期武器が決まる。
PRが10上がる毎に他の武器種を1つずつ開放することができる。
それまでは武器を変えられないので注意。
開放したい武器種を装備しているレジェンドラスタに話しかけることで他の武器種を開放できる。

スラッシュアックスFのみ最初から装備することはできない。
パートナーランクが120以上でレジェンドラスタ「クロエ」に話しかけると装備できる。

武具について

パートナーにはラスタのように武具を貸すのではなく、自身の武具を与える形になる。
与えた武具は消えてしまうので注意。
武具の譲渡や装備の変更はマイハウスで行うことができる。
男女専用装備は工房で精算してパートナー用として即プレゼントすることで譲渡できる。

譲渡した後でも武具の強化は可能。
ただし、G級武器は譲渡した後は強化できない。
通常属性の武器は強化する必要はない(理由は後述)が、
状態異常属性が付与されているG級武器はある程度強化しておくことのをオススメ。
また、シジルがついているG級武器は譲渡できない。

武具の一部のステータスはそのまま反映されない。
「剛種」「HC」などの区分によってステータスが変更される。

例えば、通常武器の「龍木の太刀」「鉄刀」だと攻撃力は720になる。
同じ剛種防具の「フレイムクラウン」「ブリッツホーン」は両方とも防御力が130になる。

武具の全てのステータスが変更されるわけではない。
変更される 変更されない
武器 攻撃力
通常属性値
斬れ味
状態異常属性
リーチ
ガンランスの砲撃タイプ
狩猟笛の音色
ボウガンの装填できる弾、リロード速度、反動
弓の溜め段階、曲射、装填できるビン
辿異武器の部位破壊がしやすくなる効果
防具 防御力
耐性
防具の特殊効果(剛種防具などの効果は発動しない)
見た目
つまり、同じ火属性片手剣の「炎王剣【爆龍】」「炎妃剣【渇愛】」の場合、
攻撃力と火属性は同じものになる。(割愛はリーチ:短のまま)

麻痺片手の「緋猛獄剣【喪失】」だと、
麻痺属性値はそのままで「リーチ:長」の恩恵を得ることができる。

武器の攻撃力

初期装備時の武器の攻撃力は武器の種類によって異なる。
武器の種類 武器倍率
通常 150
SP 200
剛猫 210
HC 230
剛種、進化 250
天嵐、遷悠 260
覇種 270
G(イベントや課金のLV強化タイプでないもの) 300
G級武器、G級覇種 320
烈種 350
G遷悠 360
始種 370

防具の防御力

強化レベルがいくつでも防御力は変化しない。
性能だけで選ぶなら適当なG級防具LV1がいい。
防具の種類 防御力
通常
秘伝防具(無印)
75
SP防具
秘伝防具(F)
100
HC防具 120
剛種防具 130
天嵐防具
秘伝防具(FXとG)
140
遷悠防具 145
狩護防具 150
覇種防具 160
秘伝防具(GF) 200
G級狩護防具(GS・GP) 220
G級防具(GF・GX含む)
秘伝防具(GX)
230
烈種防具 250
G遷悠防具 260
始種防具 270

パートナーの成長

パートナーの成長要素には以下の二つが存在する。
・パートナーランク(PR)
・武器熟練度
これらは2013年12月25日のアップデートでパートナーを同行させなくても入手できるようになった。

ステータス(攻撃力・防御力・体力・スタミナなど)は
クエストクリアで上昇する(PR)が1上がる毎に上昇する。
最終的には「レスタ」に引けをとらないレベルまで強くなるという予定らしい。

パートナーランク(PR)

パートナーランク(PR)が1上がる毎に基本ステータスが上昇する。
クエストをクリアしたときの「パートナーランクポイント(PRP)」を溜めることで
PRPを上昇させることができる。

PRが999で武器倍率+200。

武器熟練度

パートナーの武器種毎に用意されたランク。
いわゆるパートナー版HR。

クエストクリアすることで「武器熟練度ポイント」が入手でき、
一定の数値まで達すると熟練度が上昇する。

武器熟練度を最大まで上昇させると、パートナーの攻撃力が上昇する。
この攻撃力上昇は武器種を変えても適用される。
複数の武器熟練度を上げれば、その分攻撃力が加算される。

熟練度を999にすると武器倍率+100。
属性は1500になる。
属性値は他の武器種に変えても加算されない。

武器皆伝度

G8で実装。
パートナーの武器熟練度が999になると、武器皆伝度というものが解放される。
武器皆伝度も武器熟練度と同じく、武器種毎に存在している。
武器熟練度を999にした武器種のみ武器皆伝度が解放される。
解放には武器熟練度999の他に酒場にいるその武器種のレジェンドラスタに話しかける必要がある。

武器皆伝度を上昇させるとパートナー専用の自動発動スキルが習得できる。
また、攻撃力が上昇する。

自動発動スキル

武器皆伝度と同じくG8で実装。
パートナーに話しかけることで設定できる。

通常のスキルとは別に発動するスキル。
攻撃力上限が解放される「攻撃力上限解放」、
スキルのコスト上限が増える「スキルコスト増加」、
発動スキル枠が増える「装備可能スキル増加」などがある。

PRPと武器熟練度の計算式

入手できるPRPと武器熟練度は、ハンターが入手したHRP/GPRで決まる。

・通常クエストの場合
HRPx0.4=PRP
HRPx0.2=武器熟練度

・G級クエストの場合
GRPx1.2=PRP
GRPx0.4=武器熟練度

数値だけ見るとG級のほうが良さそうだが、
HC適正武器レア度の内の武器を装備し、HRPが多く入手できるクエストで上げる方が効率が良い。

スキル

パートナーのスキル発動は防具とは関係ない。
PR条件を満たし、「ギルド貢献ポイント」を使用して段階的に開放していくことで発動する。
特定のスキルを開放すると、その上位もしくは別のスキルが開放されていく仕組みになっている。
例えば「攻撃力UP【小】」を開放すると「攻撃力UP【中】」が次に現れるといった感じだ。

各スキルにコストが設定されており、発動するスキル数には限りがある。
コスト上限はPR50毎に10増えていく。

5.1までの全スキルを取得するのに必要なギルド貢献ポイントは565040。
複数発動スキルが提示されているものは、全てのスキルを開放している必要がある。
パートナーも攻撃力がカンストするので剛撃スキルを入手する必要がなくなることがある。

G5.2から「激励」「赤喝」「青喝」のスキルがパートナーにつけられるようになった。


アイテムの貸出

ラスタ同様、アイテムの貸出により、粉塵やナイフを使用するようになる。
しかし、開放式ではないので、切り替える度にギルド貢献ポイントを消費するので注意。

烈種武器の特殊効果について

烈種武器の特殊効果はパートナーには適用されない。
武器の一閃や弱点特効は適用されないのだ。

推薦状を持たせる

MHFGGからHRPやSRPが多くもらえるようになる「ギルドへの推薦状」系のアイテムを
パートナーに持たせることができるようになった。

関連用語


用語名タグ
ラスタ
[ラスタ]
MHFシステム
レスタ
[レスタ]
MHFNPC
ギルド貢献ポイント
[ギルドコウケンポイント]
MHFシステム
HC適正武器レア度
[エイチシーテキセイブキレアド]
MHFシステム
喪失R
[モシツ]
MHF片手剣武器


スポンサードリンク