最終更新日:2016/07/10

自動マーキング

読み [ ジドウマーキング ]▼ 関連用語


目次
▼ 関連用語


自動マーキング

大型モンスターの位置がマップ上で常時わかるようになるスキル。
略して「ジドマ」「自マキ」など。
発動には「千里眼」のスキルポイントが15必要。
主に金冠判別や難しい2頭の分断に使われることが多い。
漢字の部分を変換ミスするなよ?絶対だぞ?

普段はペイントボールだと丸アイコンで表示されるが、
一つ下のスキル「探知」か「自動マーキング」があれば、
大型モンスターは専用のアイコンで表示される。

ちなみに、MHP2Gまでのミラボレアスには専用のモンスターアイコンが用意されていて、
一つ下のスキル「探知」か「自動マーキング」で、専用のモンスターアイコンを見ることが出来る。

探知

一方スキルポイント10で発動する「探知」スキルがある。
こちらはシリーズによって効果が異なるが、
条件を満たすことで自動マーキングと同じ効果が発動するというもの。

MHP2まではペイントしたボスモンスターのみが対象だったが、
MHP2Gではペイントした時以外にも、
クエスト開始直後、以降5分毎に2/3の確率で千里眼の薬の効果を得るという効果が追加された。
また、MHP3からは効果時間が30秒間になった。

関連用語


用語名タグ
未知の樹海
[ミチノジュカイ]
MH4フィールド
ギルドクエスト
[ギルドクエスト]
MH4クエスト


スポンサードリンク