最終更新日:2015/10/20

グラビモス

読み [ グラビモス ]▼ 関連用語


目次
▼ 関連用語

概要

モンスターデータ
別名 鎧竜
英語表記 Gravios
種族 飛竜種
出現地域
1系統 沼地、火山
2系統 沼地、火山
4系統 地底火山、原生林、未知の樹海
MHF 沼地、火山
愛称
グラビ
バサルモスの成体。
MHP2、MHP2Gでのアカムトルムとグラビモスの怪獣バトルは見もの。

名前の通り、体中が鎧のような甲殻で包まれている。
幼体のときに体内に取り入れたバクテリアと完全に共生しており、
鉱石だけを食して生きていける。
主に、鉱物で紅蓮石や火薬岩を好む。

翼は退化していて、飛ぶことは得意ではない。
移動は足を使った歩行である。

その巨体な体は熱の影響を受けにくく、
短時間であれば溶岩の中を潜行することができる。

口からは熱戦を吐き、火炎ガス、睡眠ガスを体から噴出する。
熱戦や火炎ガスは、グラビモスが自身の新陳代謝を利用した攻撃方法のひとつである。

熱戦とガスはガードできないが、ガード強化スキルでガード可能になる。
しかし、グラビモスのこの二つの攻撃のみ、
ガードに成功して、仰け反らなくても体力が削られる仕様である。

腹を部位破壊すれば、柔らかい部位が露出し、倒しやすくなる。
ただし、腹より胸側を攻撃しなければ壊れない。
出会いがしらに落とし穴で一気に畳み掛けると良い。
MHP2Gでは怯み値と体力のバランスが悪く、
腹が壊れた頃には瀕死か討伐できてしまうという謎調整がされた。

MH4ではありとあらゆるところが部位破壊可能になった。
背中を破壊すると背中から熱戦後のガスが噴出される面白い仕様になった。

シリーズ毎の歴史

MHG/MHP 亜種登場。
MH2/MHP2 他のモンスターのように戦闘中にエリア移動するようになった。
上位から薙ぎ払いビームが追加。
咆哮の硬直時間が長くなった。
MHP2G 咆哮の硬直時間が元に戻った。
ブレス後の火炎ガスの予兆として黒い煙が出るようになった。
村上位・G級で、
「ハンターのいる位置まで歩く→タックルor尻尾回転」のモーションが追加。
MH4 怒り移行時のバインドボイスが小に。
右足、左足、右翼、左翼、背中の部位破壊が可能になった。
突進攻撃に、頭から足元、尻尾先まで当たり判定が追加された。
下位でも薙ぎ払いブレスを使用するようになった。
「ハンターのいる位置まで歩く→尻尾回転」だけになった。
ブレス後の火炎ガスの予兆が黒い煙ではなく、赤いガスが出るようになった。
振り向き転がりが追加された。
足か翼を破壊していると、ジャンププレス時に転倒するようになった。
足破壊時、転倒時間が伸びるようになった。
腹破壊時、薙ぎ払いブレス後に火炎ガスが腹から出るようになった。(背中破壊時は出ない)
背中破壊時、ブレス後のガスが背中側に出るようになった。
背中破壊時、通常時のガスの腹側の判定が狭くなり、判定がある時間が短くなる。
空中でのホバリングを行わなくなった。
ジャンププレス時、頭と翼の間と両足後方に亜空間判定が追加された。
尻尾回転攻撃の速度が早くなり、吹っ飛ばされるようになった。
MH4G G級個体に以下の仕様が追加。
歩き熱線が追加。
方向転換の速度が上昇。
胸1段階目の部位破壊条件が耐久値を0にする回数が1から2回に。
背中の部位破壊条件が耐久値を0にする回数が1から3回に。

MHFでの歴史

MHFフォワード.2
2011/11/23
特異個体実装
MHFG2 G級個体とG級特異個体が実装され、G級個体に以下の仕様が追加された。
熱戦後の排熱ガスの範囲が凄く広くなった。

関連用語


用語名タグ
飛竜種
[ヒリュウシュ]
MH2MHP2MHP2GMH3MHP3MH3GMH4MHF世界観
バサルモス
[バサルモス]
MHMHGMHPMH2MHP2MHP2GMH4MH4GMHFモンスター
グラビモス亜種
[グラビモスアシュ]
MHGMHPMH2MHP2MHP2GMH4MH4GMHFモンスター
咆哮バグ
[ホウコウバグ]
MH2MHFバグ・仕様・非正規
逆グラ
[ギャクグラ]
MHFクエスト
逆バサ
[ギャクバサ]
MHFクエスト
スカーラ
[スカーラ]
MHF太刀武器
ティラー
[ティラー]
MHFヘビィボウガン武器


スポンサードリンク