最終更新日:2014/05/30

カム・オルガロン

読み [ カム・オルガロン ]▼ 関連用語


目次
▼ 関連用語


概要

モンスターデータ
別名 響狼、雄響狼
種族 牙獣種
出現地域
MHF 沼地、塔(秘境)
愛称
カム
MHF「シーズン6.0 “双牙、オルガロン”」で実装された灰色の毛並みをもつ狼型のモンスター。
雌にノノ・オルガロンがおり、雌雄一体で狩りを行う。
クエスト開始時は脚で顔のあたりを掻きながら、
ノノに毛並みをなめてもらっている。

遠大な狩猟ルートを周回するといわれており、
沼地で生態が確認された理由も、この周回行動の一環とされている。
洞窟内で咆哮を繰り返す姿が確認されているが、
これは仲間と連絡をとっているものと推測されている。

強靭な心肺機能を利用し、
肺内の空気を圧縮させることで高威力の空気弾を発射する。
特に剛種個体のブレスは当たってはいけない。
剛種に挑む推奨防御力641でも即死級の威力。

基本的にノノと同じ行動を行うが、
専用技として前方へのタックル(頭突き)と棘飛ばしモーションがある。
タックルは横方向に謎判定があり、棘飛ばしの棘も
見た目より3倍ほど当たり判定が広いいやらしい技である。

上位の通常クエストではどちらか単体との戦闘になる。
特別なクエストと剛種のみ2頭同時クエストとなる。
単体クエストの場合は最初は2頭とも初期位置にいるが、
発覚後に戦わないほうがどこかに飛び去ってしまう。
残ったほうを倒すと戻ってきて一吠えしてまたどこかに去ってしまう。
実際、単体で戦うことはないと思われる。
しかし、いきなり2頭は厳しいであろうというゲームの仕様の犠牲になったのだ…。
去り際の咆哮はクリア後なのでダメージがない。
フレーム回避の練習にいいんじゃない。

MHFでの歴史

MHFシーズン6.0 実装。
MHFフォーワード.1 特異個体実装。
MHFG1 凄腕個体の背中の部位破壊で「牙獣種の棘」が出るようになった。
MHFGG G級個体とG級特異個体が実装された。
MHFGG
2014/5/14
G級版2頭同時クエストが配信され、「凍った狼血」が入手できるようになった。
MHFGG
2014/5/21
G級版の2頭同時クエストにおいて、開幕寄り添った状態で配置され、
片方を狩猟すると剛種個体と同じように覚醒するようになった。

関連用語


用語名タグ
牙獣種
[ガジュウシュ]
MH2MHP2MHP2GMHP3MH3GMHF世界観
月讀
[ゲツドク]
MHF大剣武器
疾風
[シップウ]
MHF双剣武器
北斗
[ホクト]
MHFライトボウガン武器
フィット感
[フィットカン]
MHFヘビィボウガン武器
村雨
[ムラサメ]
MHF武器
ノノ・オルガロン
[ノノ・オルガロン]
MHFモンスター
ミドガロン
[ミドガロン]
MHFモンスター


スポンサードリンク