最終更新日:2015/10/20

ゲリョス亜種

読み [ ゲリョスアシュ ]▼ 関連用語


目次
▼ 関連用語

概要

モンスターデータ
別名 毒怪鳥
英語表記 Purple Gypceros
種族 鳥竜種
出現地域
1系統 沼地、ジャングル
2系統 密林、沼地、旧沼地(P2G)
4系統 地底洞窟(4G)、原生林、未知の樹海
MHF 沼地、密林
愛称
紫ゲリョ
紫色の皮を持つゲリョスの亜種。基本は原種と同じ。
原種の色と似ているため、首と尻尾の緑色で判断したほうが分かりやすいかもしれない。

亜種だけど、「紫毒怪鳥」などのように色+二つ名で呼ばれない。
素材のほうも「ゴム質の紫皮」のように名前+色ではないほうに「紫」が使用される。

MH2とMHFでは上位素材の「毒怪鳥の紫翼」を1枠で8個手に入るクエストが存在する。
一応仕様である。

基本原種と変わらないので、パッとしない存在である。
そう、閃光のようにパッ…と。

シリーズ毎の歴史

MHG キングサイズのゲリョスを討伐することでG級クエストに出現。
MH2 上位ゲリョスの死んだフリ中に剥ぎ取りが可能になった。
水属性が弱点属性になった。
MHP2 火属性が弱点属性になった。
MHP2G 上位の死んだフリをしたゲリョスから「竜の大粒のナミダ」が
剥ぎ取れなくなりポッケポイントが稼ぎ辛くなった。

[村上位・G級]
怒り時は毒が「猛毒」になる。
怒り時のついばみに一定確率で毒が付加されるようになった。
トサカを破壊すると、閃光のかわりに体から毒が出る。
ノーモーション突進→尻尾振り(4回)が追加。
尻尾振りはフレーム回避可能。
MH4 原種と違うところは上位のみの出現と毒液が猛毒になっているところ。
P2Gモーションのノーモーション突進→尻尾振り(4回)がなくなった。
発覚時に別エリアに移動し、すぐに戻らないとゲリョスが移動する仕様がなくなった。
近づいてから、軸合わせをせずに噛み付きをするようになった。
突進の頻度が上昇した。
突進時、足の先端から前方にも判定が追加された。
特定のルートを走り続ける狂走がなくなった。
前方へ短距離移動→ゆっくり尻尾振りx4が追加された。
軸合わせを行わず前方へ長距離移動→180度振り向き→毒液が追加された。
閃光の光の広がる速さが早くなった。
前進ついばみ→閃光が追加。
振り向き噛み付きが追加された。
死にマネ後にゲリョスがハンターを発覚できなかった場合、移動するようになった。
尻尾回転の攻撃速度が早くなり、尻尾の高さが低くなった。
走り近づき→尻尾振りが追加。
毒液が地面に暫く残るようになり、慣性と傾斜の影響を受けて流れるようになった。
壁を走るようになった。
MH4G G級個体に以下の仕様が追加。
閃光モーションのかちかち部分だけを行い、別行動に派生する。
その後、トサカが光った状態になり、任意のタイミングで発光する。
着弾した毒液がより広がり、より長距離を流れるようになる。
後方尻尾振りの短いパターンを使用する。
上空に毒を吐き、時間差で落とす。

MHFでの歴史

MHF 水が弱点属性。
MHFフォワード.5
2012/11/21
奇種実装。
MHFG5 特異個体とG級個体とG級特異個体が実装された。
G級個体に垂直に飛んでから着地ズドン→閃光のコンボが追加された。

関連用語


用語名タグ
鳥竜種
[チョウリュウシュ]
MH2MHP2MHP2GMH3MHP3MH3GMH4MHF世界観
ゲリョス
[ゲリョス]
MHMHGMHPMH2MHP2MHP2GMH4MH4GMHXMHFモンスター
亜種
[アシュ]
MHGMHPMH2MHP2MHP2GMHP3MH3GMHF世界観
奇種
[キシュ]
MHFその他
強走薬
[キョウソウヤク]
MHMHGMHPMH2MHP2MHP2GMH3MHP3MH3GMHFアイテム


スポンサードリンク