最終更新日:2015/10/20

グラビモス亜種

読み [ グラビモスアシュ ]▼ 関連用語


目次
▼ 関連用語

概要

モンスターデータ
別名 黒鎧竜
英語表記 Black Gravios
種族 飛竜種
出現地域
1系統(MHG、MHP) 火山、沼地
2系統 火山、沼地、旧火山(P2G)、旧沼地(P2G)
4系統 地底火山、原生林、未知の樹海
MHF 火山、沼地
愛称
黒グラビ
体内で発生する熱が多く、新陳代謝による排熱により外殻が黒ずんた個体。
厳密に言うと亜種ではない。

発熱量が高いので通常の個体よりブレスの頻度が高い。
グラビモスから一定距離まではブレスをしやすい距離なので、
溶岩内からなかなか出てこないときはおもいっきり距離をとるといい。

MHP2G以前の原種と違ってホバリングをしない特徴がある。
宙に飛んでもすぐにプレスに移る。

火、氷、龍が有効ではなく、全体的にすごく硬いので、
ちゃんと対策しないと面倒な相手である。

MH3からリストラされたが、MH4で再登場。
下がりながら上から下に縦にブレスを薙ぎ払ってから、
もう一度下から上にブレスをなぎ払う技が追加された。
そのブレスの軌道がV字を描いているように見えるので、V字ビームと呼ばれたり。

さらに緊急クエストの対象モンスターとして選ばれ、
桜レイアとともに、ゴア一式装備のふんたーを焼き払う役割を果たした。

シリーズ毎の歴史

MHG キングサイズのグラビモスを討伐することでG級クエストに出現。
MHP
MH2 最硬時代。
腹破壊前の腹は斬れ味緑の片手剣すら弾く。
他のモンスターのように戦闘中にエリア移動するようになった。
上位から薙ぎ払いビームが追加。
咆哮の硬直時間が長くなった。
MHP2G 咆哮の硬直時間が元に戻った。
ブレス後の火炎ガスの予兆として黒い煙が出るようになった。
村上位・G級で、
「ハンターのいる位置まで歩く→タックルor尻尾回転」のモーションが追加。
MH4 怒り移行時のバインドボイスが小に。
右足、左足、右翼、左翼、背中の部位破壊が可能になった。
突進攻撃に、頭から足元、尻尾先まで当たり判定が追加された。
下位でも薙ぎ払いブレスを使用するようになった。
「ハンターのいる位置まで歩く→尻尾回転」だけになった。
ブレス後の火炎ガスの予兆が黒い煙ではなく、赤いガスが出るようになった。
V字ビームが追加された。
振り向き転がりが追加された。
足か翼を破壊していると、ジャンププレス時に転倒するようになった。
足破壊時、転倒時間が伸びるようになった。
腹破壊時、薙ぎ払いブレス後に火炎ガスが腹から出るようになった。(背中破壊時は出ない)
背中破壊時、ブレス後のガスが背中側に出るようになった。
背中破壊時、通常時のガスの腹側の判定が狭くなり、判定がある時間が短くなる。
ジャンププレス時、頭と翼の間と両足後方に亜空間判定が追加された。
尻尾回転攻撃の速度が早くなり、吹っ飛ばされるようになった。
MH4G G級個体に以下の仕様が追加。
歩き熱線+火炎ガスが追加。
方向転換の速度が上昇。
V字ビームの追尾性能が上昇。
胸1段階目の部位破壊条件が耐久値を0にする回数が1から2回に。
背中の部位破壊条件が耐久値を0にする回数が1から3回に。

MHFでの歴史

MHFフォワード.5
2012/12/12
奇種が実装された。
MHFG3.2
2014/1/15
特異個体実装。
G級個体とG級特異個体が実装された。

関連用語


用語名タグ
飛竜種
[ヒリュウシュ]
MH2MHP2MHP2GMH3MHP3MH3GMH4MHF世界観
グラビモス
[グラビモス]
MHMHGMHPMH2MHP2MHP2GMH4MH4GMHFモンスター
亜種
[アシュ]
MHGMHPMH2MHP2MHP2GMHP3MH3GMHF世界観
奇種
[キシュ]
MHFその他
武神闘宴
[ブシントウエン]
MHP2Gクエスト


スポンサードリンク