最終更新日:2015/07/28
タグ:MHFシステム

ロックオンカメラ

読み [ ロックオンカメラ ]▼ 関連用語


MHFのG8で実装。
要は本家のターゲットカメラである。
MHFはカメラがボタンの配置のせいで使いにくいわけでも
カメラ速度が遅いわけでもないので、本家ほど重要なシステムではなかったりする。

オプションの「操作」メニューのロックオンカメラの項目から「TYPE1」「TYPE2」を選択できる。
「TYPE1」はボタンを一度押しでロックオンし、
ボタンを二度押しすることでプレイヤーの正面にカメラの視点を移動できる。
逆に「TYPE2」はボタンを一度押しでプレイヤーの正面にカメラの視点を移動し、
ボタンを二度押しすることでロックオンする。
OFFにすることで使用しないこともできる。

大型モンスターが2体いるときは、
メニューを開いてボタンを押すことでロックオン対象の切り替えを行うことができる。

大型モンスターに発覚された時の発覚マークがスコープの照準に囲まれると使用可能になる。
対応ボタンはカメラを正面に戻すボタンと同じで、2体いる時の対象の切り替えも同じボタンで行える。


スポンサードリンク