最終更新日:2017/03/16
タグ:MHXXシステム

SP狩技

読み [ エスピーカリワザ ]▼ 関連用語


目次
▼ 関連用語

概要

SP狩技とは特別な新たな狩技のことではない。
狩技を設定でSP狩技という扱いにできる。
設定は装備BOXの狩技設定場面で装備後にRボタン。

SP狩技に設定したSP狩技を発動すると
同じエリアにいるハンター、ニャンター、オトモがSP状態になり、
スタイル毎に特殊な効果を得ることができる。
ただし、SP狩技に設定された狩技は必要なゲージ量が通常の1.2倍+200になる。
SP状態中はハンター名の右側に「SP」という文字が表示される。

SP狩技にできる数はレンキンスタイル以外は1で、
レンキンスタイルのみ3つ設定できる。

ニャンターの場合は特定のサポート行動を発動させるか、
サポート傾向「ビースト」でのビースト状態で爪フィニッシュを当てて3段階にすることでSP状態が発動する。

SP状態の効果時間は最低でも30秒。
必要なゲージが多いほど効果時間は伸びる。
SP状態中にSP狩技を発動した場合、効果時間は上書きされる。

スタイル 効果
ギルド 薬系アイテムや罠の使用が速くなる。
ストライカー 攻撃を当てなくても狩技ゲージが溜まる。
エリアル 踏みつけ跳躍後のスタミナ回復のタイミングが早くなる。
ブシドー ジャストアクションの受付時間が延長される。
ブレイヴ ブレイヴゲージが溜まりやすくなる。
レンキン レンキンゲージが溜まりやすくなる。
ニャンター サポートゲージの消費量が2割軽減される。
オトモ サポート行動の発動確率が上がる。

レンキンスタイルの場合

レンキンスタイルのみSP状態に段階があり、
SP狩技を発動すると、以下の効果を得られる。
初期状態はSP状態Ⅰで効果は特に何もない。
SP状態は錬金タルでアイテムを錬金すると段階的に上がっていく。
段階 効果 開放条件 下画面の狩技やSPの文字色
SP状態Ⅱ スタミナ最大減少速度ダウン ゲージを合計2消費
SP状態Ⅲ 体力が除々に回復する ゲージを合計5消費
SP状態Ⅳ 部位へのダメージ1.05倍 ゲージを合計12消費

関連用語


用語名タグ
狩技
[カリワザ]
MHXMHXXアクション
狩猟スタイル
[シュリョウスタイル]
MHXMHXXアクション


スポンサードリンク