ベルキュロス

読み [ ベルキュロス ]▼ 関連用語


目次
▼ 関連用語

概要

モンスターデータ
別名 舞雷竜
英語表記
種族 飛竜種
出現地域
MHF 峡谷、塔
愛称
ベル、ベルQ、機械竜
MHF「シーズン4.0 “雷臨、ベルキュロス”」で実装された飛竜種のモンスター。
峡谷が狩猟地として評価されたため、存在が公になった。
空中を優雅に飛び、電気を操る能力を持つ。

峡谷の塩分濃度の高い水からミネラルを得る。
そのミネラルを含んだ体液を利用し、放電する。
貴重な水のみシーン

峡谷での初期位置はエリア4で、
誰かがエリアインするまでベルキュロスは現れない。

一定のダメージを受け続けると移動フラグが成立し、
峡谷を縦横無尽に飛び回る。
ガンナーからの攻撃で移動しやすくなり、
ハンターが攻撃を受ける(風圧でも可)と移動フラグが成立するのを延ばすことはできる。
G級に登場する個体はこの移動フラグが消滅しており、戦いやすくなった。

知能が高く、ハンターの武器カテゴリによって攻撃方法が追加される。
剣士なら地面に鉤爪をひっかけてからのキック、
ガンナーなら岩飛ばしが追加される。
これらの技はベルキュロスが2回移動した後使用する。

尻尾回転攻撃に電球を撒き散らすようになったり、
り時の鉤爪攻撃をせずにブレスを吐くなどの行動を行う「2号機」と呼ばれる個体と
元の個体「1号機」と「2号機」の行動を行う「3号機」と呼ばれる個体が存在する。

ちなみに剛種は「1号機」の個体。

水を飲むシーンを見るには

峡谷エリア5でベルに発覚される。

エリア4で発覚状態が解けるまで待つ。
エリア5に戻る。

ショートダメージについて

部位破壊を行った後、その部分にもう一度よろめき分のダメージを与えると
その部位で電流が発生し、3分間のカウントが始まる。

最初の電流発生から3分間以内に
他の2部位も同様に電流を発生させれば成功。
3分後にショートダメージを与えられる。
ダメージは電流が発生している部位が多いほど増える。

剛種でショートダメージを与えると
ベルキュロスの体力は捕獲可能ラインのあたりまで削ることができる。

破壊可能部位は頭、背中、左翼、右翼、副尾(左右)、尻尾の7箇所。

MHFでの歴史

MHFシーズン4.0 ベルキュロス実装。剛種も実装。
エリア移動時に麻酔弾で落として拘束する麻酔ハメが発見される。
MHFシーズン4.5 2号機実装。
麻酔ハメ修正。しかし、穴ハメが発見される。
MHF4.52009/2/25 3号機実装。
MHFシーズン8.5 亜種であるドラギュロスが登場。
MHFシーズン9.0 初期位置から降下するときに放電するようになった。
フォワード.1 翼と鉤爪の部位破壊で「飛竜種の稀玉」が出るようになる。
MHFフォワード.5
2012/11/13
特異個体実装。
HCモードは20日から。
MHFG3
2013/12/18
G級個体とG級特異個体が実装され、G級個体に以下の仕様が追加された。
鉤爪攻撃が単発攻撃になり、電撃が追加。
飛び上がって周囲に電撃→着地ベルキックが追加。
ダメージによる移動フラグが消滅。

関連用語

用語名タグ
飛竜種
[ヒリュウシュ]
MH2MHP2MHP2GMH3MHP3MH3GMH4MHF世界観
ベルキック
[ベルキック]
MHF
穴キャン
[アナキャン]
MHFハメ・戦法バグ・仕様・非正規
神禽
[シンキン]
MHFハンマー武器
ツミ
[ツミ]
MHF双剣武器
ふにょき
[フニョキ]
MHF狩猟笛武器
ベルチン
[ベルチン]
MHFランス武器
ベルカナ
[ベルカナ]
MHFライトボウガン武器
翔鶴
[ショウカク]
MHF武器
ドラギュロス
[ドラギュロス]
MHFモンスター
ハッパの実
[ハッパノミ]
MHFアイテム

関連用語



スポンサードリンク