最終更新日:2017/01/12

辿異種フルフル

読み [ テンイシュフルフル ]▼ 関連用語


目次
▼ 関連用語

概要

モンスターデータ
別名 なし
英語表記
種族 飛竜種
出現地域
MHF 沼地、雪山
愛称
フルフルの辿異種。
発達部位である頭部が宇宙人っぽくなっており、
エヴァ量産型感が消えている。(?)

通常種に加え、翼と脚も破壊できるようになっている。
また、頭部への攻撃が優先的にヒットするようになっている。
この二つが大きい変更点。

頭部に優先して攻撃がヒットする仕様と
特定の攻撃に対し、溜めて近づいて一撃を与えるハンマーとの相性が良い。
辿異種の中ではスタン値も低いようで、溜め5スタンプの一撃だけで最初のスタンがとれる。


即死パターンが二つある。

一つは捕食による問答無用の即死。
文字通りフルフルに食べられるのだが、この即死は防御系効果を無視して即死する。
捕食パターンは2つあり、沼地の天井はりつきからの捕食とGR400以上で使用する首なぎ払いかわの捕食の二つ。
天井はりつきからの捕食は予備動作が長く分かりやすいのだが、
もう一つのGR400から使用する捕食攻撃の予備動作が短く、初見はまず即死する。
この技は軸合わせをした後にした使用しないので、常に予備動作のモーションに目を慣れさせて常に警戒する必要がある。

もう一つは雷やられ特大による即死。
電気攻撃を受けて、雷やられ特大状態になっている時にもう一度雷やられ特大になる攻撃を受けてしまうと、
特殊やられ状態になり、この動作中に他プレイヤーに心臓マッサージで救出されないと一定時間後に即死するというもの。
ウチケシの実持参か雷耐性55以上が推奨される。

モンスターハンターシリーズの中でもモンスター単体では珍しく、ニコニコ動画にランキング入りしている。
それがこのやられまとめ動画
ヘンタイの国、ぼくらの国がそう呼ばれたのは、今も昔の話。

モーション一覧

モーション 説明 補足
かみつき イャンクックと同じモーションのかみつき。
前方かみつき 前方に首を伸ばしてかみつく。
雷やられになる。
尻尾回転攻撃 時計回りに2回尻尾を振る。
その後、前進噛みつきに移行する場合がある。
この時の噛みつきに前方かみつきと同じく、電気エフェクトが出現するが、こちらは雷やられにはならない。
放電 尻尾を地面につけてアース代わりにし、本体から放電する。
約2秒後に円を作るように電撃が発生する。
本体の放電と離れたところに出る電撃の間が安置。
飛びかかり以外から派生した場合、放電の終わりに一瞬だけ本体に電撃が発生する。
これはこの本体から出る放電より、分からないレベルで判定が広く、被弾しても雷やられにはならない。
ブレス 向いている方向に3wayブレス。
ブレス発射時に一瞬だけ本体に電撃が発生する。
ブレス後に本体から一瞬だけ本体に電撃が発生する。
ブレスは一定時間ごとに爆発して攻撃範囲が広がり、3つに増えていく。
咆哮からのブレス 超咆哮から6連続で3wayブレス。
このブレスも一定時間ごとに爆発する。
超咆哮はフレーム回避できる。
ブレス4発目と6発目の直後に本体に電撃が発生する。
角を破壊すると咆哮特大になり、判定も狭くなる
ホバリングブレス ホバリングしながら対象のハンターを回り込むように移動し、
着地と同時に単発ブレスを吐く。
着地と同時に本体に一瞬だけ電撃が発生する。
ブレスは一定時間ごとに爆発し、3つに増え、3方向に進んでいく。
特異個体のモーション。
飛びかかり 向いている方向に飛びかかる。
着地時に広範囲に電撃が発生する。
この電撃はフレーム回避できる。
このモーションの後、必ず放電に移行する。
600と800では放電ではなく、這いずりに派生。
電撃ばらまき 頭部を動かしながら口から電撃エフェクトを出しつつ、
頭部を上空にあげると同時に円を作るように離れた位置に電撃を落とす。
その後放電する。
落ちてくる電撃はフレーム回避できる。
この時の放電は通常のより判定が少し広い。
後方電撃ばらまき 後方に電撃を3つばらまく。
電撃ばらまきより電撃がサイズと判定が大きいが、フレーム回避可能。
必ず軸合わせをしないで行う。
後方電撃ブレス 尻尾を上げてから地面につけて後方に3wayブレスx2。
その後頭部を地面につけると同時に広範囲に電撃を発生させる。
後方へのブレスは通常のブレスより広がっていく。
その後周辺に電撃が大量に発生する。
最後は大きな隙を見せる。
このブレスも一定時間ごとに爆発する。
どうやって後方にブレスを発射しているかは考えてはいけない。
後方ブレス中に本体に電撃が発生するが、本体に触れてもダメージ判定はない。
周辺に発生する電撃はフルフルに近づいていれば当たらないが、
フルフルから見て北東と南西部分にも電撃は発生するので近づいていても被弾する。
頭部を破壊すると後方へのブレスを1回出した後に強制怯みが発生し、
その後隙を見せる。
天井はりつきからの着地 着地時に広範囲に電撃が発生する。
これもフレーム回避可能。
天井はりつきからの捕食 首を地面まで伸ばし臭いを嗅ぎ、
首を戻してからすぐに首を伸ばしてハンターを捕食する。
捕食されるとあらゆる防御効果を無視して即死する。
臭いを嗅いでいる間、無防備でその後すぐに離れればOK。
這いずり 電撃を纏い、カサカサ動きながら狙ったハンターを追跡し続ける。
怒り移行時の臭いを嗅ぐモーション後に確定で使用する。
終わり際に大きな隙を見せる。
一定時間で停止するが、壁などで進めなくなると強制停止する。
移動スピードは抜刀ダッシュより若干早いので追いかけられないように注意。
単発ヒットではないので、被弾後にすぐに起き上がると続けて被弾してしまう。
見た目より横方向の判定が少しだけ短い。
捕食 頭部と翼をほんの少しだけ上げ、フルフルから見て右から左に首をなぎ払う。
なぎ払いに当たったハンター一人に飛びかかり、丸呑みされる。
丸呑みされるとあらゆる防御効果を無視して即死する。
丸呑み成功時に超咆哮をしながら時計回りに360度旋回する。
この超咆哮に当たると、通常より大きいダメージを受け、画面が液体で汚れる。

他のハンターがなぎ払い後の飛びかかりの口付近に近づくと、一緒に捕食される。
穿龍棍で空中にいるときになぎ払いに被弾するとふっ飛ばされるだけで済む。
予備動作が短く、一番警戒すべき技。
必ず、軸合わせをしてから行う。
ちなみにNPCは捕食されない。
400から使用。
飛びかかりからの派生変更 飛びかかり後に這いずりに直接派生するようになり。
これで壁に頭が埋まっても直後の這いずりが壁に当たって止まるので、
隙が大きく増えている。
600から使用。
首叩きつけからの追撃 フルフルから見て右左の順番に首を伸ばして叩きつけ、
その後、空中に電撃攻撃を行う。
叩きつけに当たるとかち上げられて追撃を受ける。
予備動作が捕食攻撃に似ている。
800で使用。

MHFでの歴史

MHFZ 実装。

関連用語


用語名タグ
辿異種
[テンイシュ]
MHFその他
フルフル
[フルフル]
MHMHGMHPMH2MHP2MHP2GMH4MH4GMHXMHFモンスター


スポンサードリンク