最終更新日:2014/12/02

希少生態環境発見確率

読み [ キショウセイタイカンキョウハッケンカクリツ ]▼ 関連用語


MH4、4Gの「未知の樹海」の「探索」におけるシステムの一つ。

「未知の樹海」を「探索」で出発し、ゴールマップから帰還するだけで、
「希少生態環境発見確率」が一つ上昇する。

「希少生態環境発見確率」が高いほど、「RARE」が出現しやすくなる。
「希少生態環境発見確率」が5つの場合は、確定で「RARE」が出現し、
一度「RARE」状態の「未知の樹海」に行くと、
「希少生態環境発見確率」は1に戻るというシステムである。
また、お宝エリアが出現しやすくなる。

5にしたい場合は、「RARE」状態の「未知の樹海」には行かず、
村1の生肉納品などのクエストを回し、
「RARE」状態でないときの「未知の樹海」に行く事で、
「希少生態環境発見確率」を上げることができる。

ちなみに、食事で「ネコの探索術」を発動させていると、
「希少生態環境発見確率」が一気に2つ増える。

「RARE」と表示されているときは、
珍しいモンスター(ドスランポス、イャンクック、イャンクック亜種、
イャンガルルガ、下位バサルモス、バサルモス亜種、ガララアジャラ
ネルスキャラ、ババコンガ亜種、ゴア・マガラ)が出現する。

MH4GのG級探索では、
バサルモス亜種、ケチャワチャ亜種、イャンガルルガ、
モノブロス亜種、ディアブロス亜種、ネルスキュラ亜種、
ガララアジャラ亜種、怒り喰らうイビルジョー、セルレギオス
が出現する。

関連用語


用語名タグ
未知の樹海
[ミチノジュカイ]
MH4フィールド


スポンサードリンク