最終更新日:2019/01/12

トライベース

読み [ トライベース ]▼ 関連用語


目次
▼ 関連用語


概要

MH3のシステム、仕様などのことを指す。
後の作品にもこのシステムと仕様が流用されている。

仕様・変更点

斬れ味の補正

斬れ味ゲージの補正が変更された。
緑ゲージ以降の補正が変更されている。
MHP2Gまでは紫ゲージの補正が白ゲージより離れすぎていて、紫ゲージ一択の時代だった。
なお、それ以降も紫ゲージがあるシリーズでは
白ゲージのみの武器に強い武器がたくさんあったわけではないので、
紫ゲージの武器の使用率はかなり高い。
MHXXでは紫ゲージの物理補正が1.39に変更され、白ゲージの武器が少しだけ活躍するようになった。

MHP2Gまで MH3から
物理 属性 物理 属性
1.125 1 1.05 1
1.25 1.0625 1.2 1.0625
1.3 1.125 1.32 1.125
1.5 1.2 1.44 1.2

グラフィックの変更

MH3でモンスターのグラフィックが一新され、生物らしくなった。
これ以降のシリーズもこのようなグラフィックが使われている。

採取関連

採取や採掘が可能なポイントに来た時、ハンターの頭部にアイコンが表示されるようになった。
また、最大採取回数を超えた時、採取・採掘・虫あみができなくなった。
MHP2Gまでは最大採取回数を超えると、
「これ以上何もないようだ」と表記されていた。

ダッシュ後のダッシュ

ハンターがスタミナを消費するダッシュを出した後にダッシュを解除しても、
すぐにダッシュを出せるようになった。
それまではダッシュを解除した後に、
しばらくしてからでないとダッシュを再び出すことはできなかった。

こやし玉

こやし玉使用時、けむり玉のようにフィールドを覆うタイプではなく、
ペイントボールのように付着させるタイプになった。
そして、こやし玉をつけた相手をエリア移動させることができる。
これにより、2頭クエストでは重要なアイテムとなった。

乱入

クエスト詳細に「環境不安定」があるとランダムで大型モンスターが乱入するシステムが導入された。
MHP3rdのみクエストクリア後に乱入してくるモンスターと戦うかを選ぶことができる。

受け身

ハンターが攻撃を受けたときの挙動に受け身が追加。
受け身は強制モーションで、
受け身をとるかどうかはモンスターの攻撃による。

当たり判定

ディアブロスの角振り上げの先端や
イビルジョーの右脚スタンプなど疑わしい判定攻撃はあるものの
モンスターの攻撃の判定が見た目通りになった。

この仕様により避けやすくなった攻撃が増えたが、
ディアブロスの突進の出だしの足に判定が追加されて強化されたり、
ガノトトスのタックル時の頭に判定が追加されて頭側に逃げるという対処方を潰されるなど
プレイヤー側が不利になる攻撃も増えた。

睡眠

ハンターが睡眠攻撃を受けた時、
しばらくふらふら(この間無防備)してから睡眠状態になるようになった。
また、ふらふら状態時に「元気ドリンコ」を使用すると睡眠状態にならずに回復できるようになった。

モンスターの発覚時

モンスターの発覚時、攻撃を当てるか至近距離まで近づいている時でも
麻痺や罠でモーションを阻止されない限り、必ず発覚モーションを行うようになった。

モンスターの落下時

モンスターが空中から落下した時のもがく時間が
大剣の溜め斬りやハンマーの縦3が入るほどに長くなった。
今までは空中から落ちてもすぐに起き上がっていた。

拘束攻撃

モンスターに拘束攻撃が追加された。
初出のMH3では拘束攻撃を受けてからモンスターが怯むなどでキャンセルされると、
しばらくの間、ハンターがもがき続ける謎のバグがあった。
その間は無敵になり、ひどいことにはならないので安心。

疲労システム

モンスターにスタミナの概念が追加された。
スタミナはモンスターの行動する度に減っていく。
また、打撃攻撃で奪うことができ、
スタミナが0になると疲労状態となり、
一定時間、隙が増えたり罠や閃光玉の時間が増えるというもの。

属性やられの導入

モンスターの火属性の攻撃を受けたり、水属性の攻撃を受けた時に、
体力の赤ゲージ(なければ緑ゲージ)が自動で減っていったり、
スタミナの回復スピードが減少したりする属性やられが導入された。
全ての属性攻撃で発動するわけではない。
この属性やられはハンターに一切メリットはない。

拘束アイテム

閃光玉、シビレ罠、落とし穴の中から同じものを連続で使用した時、
効果時間が2回目以降から短くなる仕様になった。

閃光玉

閃光玉を使用したときの発覚されるという仕様が消滅した。

状態異常と罠

スタン中に麻痺が発動するほど蓄積するとスタンが強制解除されて麻痺状態になるようになった。
逆のパターンも同じように麻痺が解除されて強制的にスタン状態になる。
これにより、麻痺スタンのコンボが非常にしにくくなった。

また、落とし穴に嵌っているモンスターを麻痺、スタン状態にすると
それらが解除されたときに落とし穴からすぐに脱出するようになった。

モンスターの怒り

麻痺やスタンなどが解除されてもすぐに怒り状態にならずに、
解除モーションが優先されるようになった。

オブジェクトの崩壊

フィールドにある柱や台がモンスターの攻撃で破壊されるようになった。
凍土には破壊されないと行けないマップが存在する。

関連用語


用語名タグ
モンスターハンター3
[モンスターハンタートライ]
MH3シリーズ
モンスターハンター3G
[モンスターハンタートライジー]
MH3Gシリーズ
モンスターハンター4
[モンスターハンターフォー]
MH4シリーズ
モンスターハンター4G
[モンスターハンターフォージー]
MH4Gシリーズ


スポンサードリンク