最終更新日:2016/11/09

片手剣

読み [ カタテケン ]▼ 関連用語

初代からある武器。
左手に小型の剣、右手に盾を持つ武器種。
ココットの英雄こと「ココット村の村長」が使用していた武器でもある。
片手剣の武器一覧

目次
▼ 関連用語

概要

火力は低いが動きやすく小回りが利き、
ガードもできるので、生存率が高い初心者向きの武器。
ただしガード性能が低いので、のけぞることが多く、
連続で攻撃をガードするとスタミナが0になってピンチに陥ることもあるので注意。

手数が多いので、属性攻撃が有効と思われているが、
よほど属性が有効な相手でも無い限り、
攻撃力と属性のバランスが取れているものが有効武器となることが多い。
同じ属性で似たような性能を持つ武器があった場合、
どれが最適かを考えるのが難しい武器種でもある。
そして、大抵誤差レベルだったりする。

シリーズを通して火力が低い位置にある武器だが、
MHPでは斬れ味補正が1.5倍で最強の時代があった。
といってもさすがにラオとミラは双剣のほうが有利だったが。

しかし、MH2では補正が1.2倍にまで落ちてしまった。
まあ、妥当ではあるだろう。

ところが、MHP2では補正が1.12倍にまで落ちてしまった。
ま、まあ、妥当ではあるだろう。

ところがどっこい、MH3では補正が1.06倍にまで落ちてしまった。
お、おい…もうやめようぜ…

MH3、MH3Gの水中戦では攻撃モーションが大きくなる代わりに1撃の威力が大きくなるようになった。
しかし、水中戦の片手剣は水中の動きにくさと攻撃モーションが大きくなったので、持ち前の機動力は失われている。

また、MH3からは今まで通常攻撃からジャンプ斬りが始動モーションとなっていたが、
ガード状態からの斬り上げ攻撃への派生が早くなったため、
これが始動モーションとして使われるようになった。

MHFでは

MHFでも火力が低く、機動力が高い武器となっている。

シーズン7.0で「渇愛」が実装されてからは一部のモンスターに対し、他の武器並かそれ以上に火力を出せるという事態が発生した。
指定されたこともある。

シーズン9.0で秘伝防具が実装された。
その頭部がどうみてもパイナップル。
別に馬鹿にしてるわけじゃないぞクスクス

シーズン10で追加アクションにスライディング斬りとシールドアタックが追加された。
また、「剣と盾のコンボ」で味方ハンターをふっ飛ばさなくなり、よりPTプレイをしやすくなった。
が、使用するのをためらっちゃうよね。
いや、そもそも片手剣を…

G1で細かい調整が行われたのと無限連斬が追加された。
当時、真鬼人解放のモーション後に無限連斬のモーション動画が公開された。
真鬼人解放を見たプレイヤーたちは大いに驚いたが、
その後の無限連斬で「おお!…お、おう…」といった微妙な反応をされてしまった。
なんで順番を逆にしなかったんだ!
一番の目玉は一時契約ラスタが実装されたこと。
こうして片手剣はNPCに使われ、MHFでもっとも見かける武器となったのだ。別な意味で。

MHFG2で秘伝スキル「剣聖」の通常属性の剣晶(火炎剣、水激剣、雷神剣、氷結剣、龍王剣)効果が全て+3に変更され、
抜刀時に移動速度が上昇する効果が追加され使いやすくなった。
同時に無属片手強化シジルが実装。
これにより、しばらくの間、無属性片手剣一択の状態が続いた。

MHFG6で全てのモーション値が上方修正され、一部のモーションにのけぞり無効効果が追加され強化された。
片手剣の戦いはこれからだ!

シリーズ毎の仕様

MHP 斬れ味補正1.5倍のおかげで片手剣が最強の時代に。
MH2 斬れ味補正が1.2倍に。
ガード状態でアイテムが使用できるようになった。
ジャンプ斬りから数秒間スーパーアーマー状態になる。
ジャンプ斬りから次の攻撃への受付時間が短くなった。
MHP2 斬れ味補正が1.12倍に。
MHP2G ジャンプ攻撃と切り上げ後に回転回避に移行しやすくなった。
MH3 斬れ味補正が1.06倍に。
ジャンプ斬りのモーションが変更。
シールドバッシュが追加。
十文字斬りが追加。
「剣盾コンボ」の盾部分が打撃属性になり、属性が適用されなくなった。
MHP3 ジャンプ斬りからSA状態でアイテムを使用できるようになった。
与えられる属性蓄積値に0.7倍補正追加。
MH3G 「剣盾コンボ」の1発目が盾攻撃に変更され、
2発目が切断攻撃に変更された。
MH4 属性補正0.7倍が撤廃された。
従来の「ジャンプ斬り」が「突進斬り」に変更された。
「ジャンプ斬り(空中攻撃)」「ジャンプ斬り上げ」「突進斬り」「溜め斬り」が追加。
特定の攻撃後に「斬り上げ」「突進斬り」「溜め斬り」に派生できる後ろへの回避が追加。
この回避は回転回避と同じ、性能を持ち、「回避性能」スキルが適用される。
「剣盾コンボ」の盾部分に属性が適用されるようになった。
全体的に攻撃後の回避受付時間が伸びた。
MH4G 溜め斬りのモーション値が34→37になり、属性が2倍に。
MHX 専用の新アイテム「刃薬」が使用できる。
溜め斬りの2ヒット目のモーション値が37から34に。

MHFでの仕様

MHFシーズン8.0 秘伝書実装。
「天の型」で回避がステップに変更。
回転斬りがジャンプ二段斬りに変更。
MHFシーズン10 追加アクションにスライディング斬りとシールドアタックが追加。
「嵐の型」では切り下ろし~盾コンが突きコンボに変更。
「剣と盾のコンボ」の盾攻撃が打撃属性に変化。
また、「剣と盾のコンボ」で味方ハンターをふっ飛ばさなくなった。
回避から斬り上げへの入力受付タイミングが「地ノ型」と同じになった。
MHFG1 スライディング斬りの出始めに無敵時間が追加。
スライディング斬り後、斬り上げ・反転斬り上げに派生できるようになった。
ジャンプ斬りのジャンプ前に盾攻撃追加。
シールドアタックが2段階攻撃になり、途中で攻撃を中断できるようになる。
シールドアタックが2段階目のリーチが増加。
技の派生・回避への受付時間が増加。
ジャンプ二段斬りの攻撃発生タイミングが遅くなった。
無限連斬が追加。
MHFG2 秘伝スキル「剣聖」の通常属性の剣晶(火炎剣、水激剣、雷神剣、氷結剣、龍王剣)効果が全て+3に変更され、
抜刀時に移動速度が上昇する効果が追加。
MHFG6 全てのモーション値が上方修正された。
「突きA」「突きB」「突きC」「斬り上げ+斬り下ろし」で与える属性ダメージが上方修正された。
「突き刺し」「斬り払い」「垂直斬り(無限連斬)」のモーションに「のけぞり無効効果」が付与された。
「ジャンプ斬り」「ジャンプ二段斬り」からの回避を行ってもSAがなくならないようになった。
MHFZ 一部の攻撃アクションの威力が上方修正された。
剣術スキル発動時に「嵐ノ型」の一部アクションでヒットストップが少なくなるようになった。
秘伝書の「極ノ型」が実装。
「極ノ型」では盾で連続攻撃できる「シールドブロウ連打」が使用できる。
また、回避しながら攻撃できる「回避攻撃」が使用できる。

関連用語


用語名タグ
ジャンプ斬り
[ジャンプキリ]
MHMHGMHPMH2MHP2MHP2GMH3MHP3MH3GMHF片手剣アクション
剣盾コンボ
[ケンタテコンボ]
MHMHGMHPMH2MHP2MHP2GMH3MHP3MH3GMH4MHF片手剣アクション
回転斬り
[カイテンギリ]
MHMHGMHPMH2MHP2MHP2GMH3MHP3MH3GMH4MH4GMHXMHXXMHF片手剣アクション
突進斬り
[トッシンギリ]
MH4片手剣アクション
溜め斬り(片手剣)
[タメギリ(カタテケン)]
MH4片手剣アクション
スタイリッシュボマー
[スタイリッシュボマー]
MHP3MH3GMH4片手剣ハメ・戦法
スライディング斬り
[スライディングギリ]
MHF片手剣アクション
ジャンプ二段斬り
[ジャンプニダンギリ]
MHF片手剣アクション
無限連斬
[ムゲンレンザン]
MHF片手剣アクション
真空回転斬
[シンクウカイテンギリ]
MHF片手剣アクション
ガーネット
[ガーネット]
MHF片手剣防具
ルベライト
[ルベライト]
MHF片手剣防具
SBR
[エスビー]
MHP3MH3G片手剣ハメ・戦法
ココット村の村長
[ココットムラノソンチョウ]
MHMHGMHPMH2NPC世界観


スポンサードリンク