TOP > > 傷がついた部位について

傷がついた部位について

目次


傷について


武器攻撃やクロー攻撃で蓄積値が溜まり、蓄積値が一定以上になると傷がついた状態になる。
この蓄積値は、時間によって減少しない。
傷がつくと、蓄積値は0に戻る。
傷がついた部位を攻撃するとダメージの四角に▲マークが出現して、傷がついている部位に攻撃したことを教えてくれる。

傷がついている時間は90秒。(ムフェト・ジーヴァの場合のみ180秒)
再度傷がつく条件を満たすと、効果時間がリセットされる。

傷がついた部位は切断、打撃、弾肉質が柔らかくなる。
属性肉質は変わらずそのまま。


傷がついた部位の補正


補正の計算式は

(100-傷が付く前の肉質)×0.25

小数点を切り捨てた数値が肉質に加算される。

リオレイア希少種、リオレウス希少種、ネロミェール、キリン、怒り喰らうイビルジョー、ウラガンキン、ヴォルガノスのみ特別で、
この補正の後に+5される。
また、ムフェト・ジーヴァの場合は、この補正の後に-5される。


例えば、リオレイア希少種の頭の切断肉質は20なので、

補正は20になる。
(100-20)×0.25=20

リオレイア希少種の場合は、そこから+5されるので、補正は25。
元の肉質が20なので、傷がつくと45になる。


バグ?


プケプケ亜種の頭に傷があった時に、傷がついていない翼に傷補正込みのダメージが発生。
表示されるダメージに▲マークあり。

どうやら、傷のついた部位と傷のついていない部位が重なっているときに、傷のついていない部位を攻撃すると、傷の補正ありでダメージ計算されることがある模様。



スポンサードリンク