最終更新日:2016/11/09

読み [ ユミ ]▼ 関連用語

MH2から登場した武器カテゴリのひとつ。
弓の武器一覧

目次
▼ 関連用語


概要

弓で矢を引いて撃ちモンスターを攻撃する武器。
弦を引き絞り、タメが終わったらクリティカル距離で
モンスターの弱点への狙撃が基本的なスタイルになる。
溜め動作中はスタミナを消費する。
矢は消費されることはなく、無限に撃つことができる。

状態異常ビンで毒や麻痺状態にできるが、調合分を用いても状態異常にできるのは1、2回が限度。
また、状態異常ビンを装填すると弓本来の属性が無くなってしまう。
強撃ビンが強いので、基本はこれを装填できる弓を選ぶ。
ほとんどの弓が装填可能だが、稀に装填できないのがあるので注意。

大剣のタメと違い、弓が一回光ったらタメ2、二回ならタメ3になる。
特別な例外を除き、タメ1は弱いので最低でもタメ2になったら撃つようにしたほうがいい。

専門性の高い武器で、溜め3を放つ間隔、モンスター毎の有効な立ち回り、有効な矢種などの選択などにより、
上手い人とそうでない人の狩猟タイムに2~10倍もの差が出ることも。

慣れない内は弓の溜め、スタミナ、モンスターの位置と
見るところが多いので大変かもしれない。

矢の種類

溜めた段階で矢の種類が変化する。
クリティカル距離は矢の種類によって違う。
モンスターに矢を当てたときにヒットエフェクトが一番大きくなる距離がクリティカル距離になる。

・連射矢
部位をピンポイントに狙うことができる。
ボウガンでいう通常弾的なもの。
モンスターの肉質の一部が柔らかい相手に。

・貫通矢
貫通してヒットしていく。
貫通が全ヒットし、のっぺり肉質か内部が柔らかい相手に。
MHFでは腹の柔らかいリオ夫婦に対し、正面から撃つと他の矢より一番ダメージを与えられる。
実は一番合計ダメージが高いが、それを活かせる相手も限られる。

・拡散矢
拡散して飛んでいく矢。
散弾・拡散矢強化のスキル必須。
クリティカル距離は連射矢より近い。ゼロ距離ではないので注意。
貫通弓で全ヒットできないか、のっぺり肉質か
インファイトで手数を稼ぐことができる相手に。
機会は少ないが弱点が横に並んでいる相手にも相性はいい。

本家での話

本家では開発者の中にまともに使える人がいないのかだいたいは強武器の位置にあたる、
が初登場のMH2では強武器ではない。

MHP2でぶっ壊れ始めた。
といってもぶっ壊れているのは
実装されていないG級性能を持っていた「覇弓」だけだったが。
この「覇弓」は適当に撃っているだけで簡単に狩猟できる武器だった。

MHP2Gで「覇弓」は他の弓と同じくらいの性能に落ち、
さらに装填数UP必須な性能にまで落とされた。
龍連射弓の定位置は「覇弓」だったが、
他にも装填数UPつきの「天崩」が候補にあがる。
他の弓は無属性連射弓の「剛弓」、
龍属性持ちなのに物理最高拡散枠の「天崩」、
黒グラビ用の溜め1「龍頭琴」、
対ラオ用の装填数UP無し「覇弓」が活躍した。
全武器から見ればぶっ飛んでいるわけではないが、
拘束なしの「黒のファランクス」とミラバルカンは全武器種の中でも最速の討伐タイムを叩き出せる。
後、なぜか貫通矢の威力が6から5に落ちた。

MHP3で曲射が登場。
連射弓の「ファーレン」「ティガ弓」が
装填数UPで連射弓にもなる拡散弓「セレーネ」が活躍。
渓流で壁を挟んでの地形ハメなんかもあった。

MH3Gでは優秀(?)な爆破属性が登場し、
通称「パチンコ」が猛威を振るった。
溜め1を適当に撃っているだけで近接武器より速く狩猟することも。
他には、対ラギア希少種の「鳳凰」、
怒り喰らうイビルジョー用の「ジョーヌ」、
ジョジョブラキ用の「イクサ」が活躍した。

MH4では従来の操作方法と
Rボタンで弦を引き絞り、Xボタンを押す度に照準モードがON/OFFされるタイプが追加された。
MH4では傾斜段差があるが、照準モードにしてから少しの間、照準を動かせない仕様にされた。
曲射が溜め2でも撃てるようになり、新要素の「剛射」が追加された。
MH4の弓の状況は連射弓がそこそこ強いが、特に拡散弓と「剛射」が強く、
生産弓にこれら二つの条件を満たす弓で優秀な弓がないので、発掘一択になってしまった。

MH4Gでは生産弓で剛射ありの連射弓「カーマレギオン」が強力。
相変わらず、拡散剛射弓は強力で、発掘一択となっている。
しかし、前作で強力だったこともあってか発掘拡散弓は装填数UPスキルがないと運用できないようにされてしまった。
また、前作からかは不明だが、貫通矢の威力が5から4に下げられてしまった。
しかも5ヒットしかしない。
矢種のバランスがとれているMHFでは、貫通LV2の時点で6x4ヒットである。
これ以下の火力しかないのだ。

MHXではどの武器でも曲射、剛射が可能になった。
ただし、狩猟スタイルによって使用不可能になる。
これで武器格差がなくなるかと思いきや、
今作はテオ・テスカトルの弓がやたらと強く、これ一択となってしまった。
ところで貫通矢はいつ強く修正されるのだろうか。

MHFでは

MHFでは火事場すれば他武器より火力が出るという立ち位置。
しかし、野良で会うプレイヤーの大半が知識不足で変な武器を担いできたり、
変なスキル構成だったり、いつでも嵐の型だったりとひどいことがそこそこある。
また、飯の関係でPTを組んだ場合、
近接は体力飯だが、弓もそのままの飯だと火事場状態にならないので火力不足、
火事場飯なら近接に秘薬の使用が強制されてしまい、
上に挙げた理由と
距離をとるので、モンスターの移動技を誘発するのと、(例えばHCババのフライングボディプレスの長距離版を誘発させる、ひどいのはHCヴォルの潜りを誘発させる)
ラグの関係でPTでは迷惑をかける武器となっている。
ソロでやるか弓PTを組むしか居場所がないのだ。

攻撃回数が一定なのと凄腕までの個体が怯みやすいモンスターがいるので、
怯みハメが比較的容易であり、逆襲クエストのお供であった。

シーズン8.0で秘伝書実装。
昇龍弓が使えるようになったが、そこまで強力ではなく、
近接武器よりバサルの尻尾斬りが楽になる程度だった。
そんなシーズン9.0で昇龍弓が強化された。
また、シーズン9.0で秘伝防具が登場。
この頃は火力だけは最高だったが、高級耳栓スキルがつかず、
作成が大変だったので、作成した人はあまりいない。

シーズン9.0で拡散弓の代名詞になってはいないが、強力なドドンガ・イクリプスが実装。
弓にそこまで詳しなくてもこれだけは持って入るプレイヤーが増えた。

シーズン10で剛種弓の強撃ビン補正が1.5から1.6に(無告知で)上方修正された。
だが、PTでに入るには火力が足りない。
同じくシーズン10で嵐の型の登場により、オーラアローが登場。
そして、運営の設定ミスにより、爆撃ビン装填時のオーラアローが非常に強力なものとなってしまい、
爆撃オーラの誕生。なんにでも爆撃オーラの時代が始まった。
広場は剥ぎ装備用のコック弓で溢れ、弓スレは荒れ、スレが二つに分かれたのである。

フォワード.1で秘伝防具FX一式に超高級耳栓効果が付与された。
これから徐々にラピス一式という名の正装が増えていく。
が、PTには来ないでくださいというスタイルは変わらず。
また、「飛竜種の逆鱗」が実装され、これを使用する強力な貫通弓「冬景色」が登場。
弓には多いぼっち勢がPTを組むことを強いられた。(?)

フォワード.2で爆撃オーラが修正された。
おう、いい夢見れたかよ。
最後の犠牲者はぎりぎり実装された剛種オルガロンであった。
同じフォワード.2でイャンガルルガ変種が弱体化。
剛種適性試験クエストに追加され、
峡谷だったので、崖下オーラで狙撃して討伐するということができた。
武器魂も稼げるし、剛種チケットも稼ぐことができた。

フォワード.3で状態異常ビンの補正が追加された。
また、しゃがみ照準撃ちから回避行動へ移行するまでのタイミングが早くなったが、分からないレベルである。

フォワード.4で覇種アンノウンが登場し、弓がPT戦で活躍できる機会を得た。
とっても、弓鬼に回避性能、根性、毒無効をつけることができた、という理由だけである。

フォワード.5で覇種軍団の登場により、
覇種の強さからPTを組まなければならない非常事態に陥った。
特に覇種パリアは地獄であった。
イクリプスの強化用の意味もあったが、
弓しかSRを上げていないプレイヤーは弓でやるしかなく、
弓以外のプレイヤーがいるところに入るのも申し訳なかったので、(弓×募集もあったので)
仕方がないので張り主で募集すると同じ境遇なのか弓が集まり弓PTが完成した。
しかし、覇種パリアは弾に対して非常に強く、覇種パリア自体も強い部類だったので、クエスト失敗も多かった。
失敗が多かったので、抜けていく人も多く、代わりにランスが一人入っただけで、2ラスタ縮み、
弓の火力の無さを改めて実感したのである。

まあそんな話はいいや。

そして、G1。
クックオンラ…もいいや。
溜め4の攻撃力が上昇し、曲射の実装、
照準モードになった時に矢一本一本のガイドラインが追加され、
ガイドラインの色でクリティカル距離が分かるようになった。
また、操作方法の関係でビン外しができなくなったことに関して、
問い合わせなどがあったのか、はたまた弓スレで話題になっていたことを運営が知ったのか
使用可能になることとビン外しでビンを戻す動作が必要がなくなったことが公式で発表された。
その際に公式で「ビン外し」という単語が使われていた。

G1では近接武器の斬れ味補正が強化されたことと、
G級武器に強撃ビンの補正がないこともあり、
やはり火力が足りない。
しかし、放散型曲射が強いことが発覚し、曲射を撃つ機械と化した。

G2で進化武器とG級武器の強撃ビン補正が1.6倍(秘伝は1.7倍)になった。
また、携帯機操作の場合のみ、溜め状態からPS2コントローラーでいう□ボタンで
回避行動に派生させることができるようになり、曲射が暴発することがなくなった。

G3.1。
珠グレンの配信により、今後しばらくないであろうPT戦での出番がきた。
珠グレンは弓鬼ティタ50か銃仙の構成がメイン。
ちなみに弓がヘビィになってもほとんど変わらない。
というか少し遅い…?
いやいや曲射であちこち怯むからいいんですよ。

MHFGGで「絶対防御」スキルが実装。
これにより、近接武器も火事場が容易になり、
これで弓も火事場飯PTに入っていけ…ません!

もともと

非火事場近接>非火事場弓
非火事場近接<火事場弓

だったのが

火事場近接>火事場弓

になったので火力差がさらに広がってしまった。(この頃には非火事場近接に負けてきていたが)
また、同時に穿龍棍の実装により、弓の使用者を見かけなくなっていった。

G8で強化。片秘伝の強化、始種防具の登場により、大秘伝から珠秘伝に移行していった。
また、以前より弓の使用者を見かけるようになった。…気がする。

シリーズ毎の仕様

MH2 弓を構えた状態で立ち止まると硬直し、しばらく動けなくなる仕様が存在する。
ビン外し使用可。
MHP2 弓を構えた状態で立ち止まったときに硬直しなくなった。
矢斬り2段目からステップができるようになった。
覇弓無双。
ビン外し廃止。
ぴくぴく連射が使用可。
MHP2G 覇弓のバランス調整が行われた。
属性がある弓でもクリティカルヒットが分かるようになった。
タメ4の攻撃力が1.7倍に。
ペイントビン、接撃ビンが追加。
弓によって状態異常を強化される弓が追加された。
貫通LV4の1ヒットの威力が6から5に。
連射LV5が追加。(連射LV4に比べ、一番下の矢の威力が2から3に)
貫通LV5が追加。(貫通LV4に比べ、クリティカル距離の範囲が増えた。しかしながら威力は5のまま)
拡散LV5が追加。(連射LV4に比べ、一番端の威力が4から5に)
MHP3 ぴくぴく連射廃止。
曲射が追加。
減気ビンが追加。
溜め状態を□ボタンでも回避行動でキャンセルできるようになった。
MH3G Rボタンで上下へ射角を変更すると、通常時のカメラの高さが変わる謎の仕様に。
溜め状態をYボタンで回避行動でキャンセルできるようになった。
パチンコと溜め2属性弓ゲーに。
MH4 「剛射」が追加。
ジャンプ矢切りが追加。
曲射が溜め2でも撃てるようになった。(威力・距離は落ちる)
強撃ビンの調合数1~2が1になった。
クリティカルヒット時に画面が揺れるようになった。
照準モードになってからのエイムできるようになるまでの時間が遅くなった。
オプションの「照準移動速度」で照準速度を変更できるようになったが、
この設定がボウガンとも共有されてしまう。

溜めた状態でスティックをニュートラルにすると硬直する仕様に。
進行方向と逆方向に移動しようとするときに注意しなければならなくなった。
ぴくぴく連射(MH4にその仕様はないけれど)しようとすると、その場からほとんど動けない。
矢を引く/発射のコマンドがRに、照準コマンドがX(一度押すともう一度押すまで戻らない)に変更。
これは、オプションの「弓操作タイプ」で従来のボタン+仕様に戻すことができる。
MH4G 貫通矢の威力が5から4に。
MHX どの武器でも曲射と剛射が可能に。(スタイルによって使用不可になる)
溜めタイプに重射が追加された。
バックステップ後に再度Bで出せるバックダイブが追加。
バックダイブ後は溜め3状態になる。

MHFでの仕様

MHFシーズン8.0 秘伝書実装。
「天の型」で矢切りが昇竜弓に。
MHFシーズン9.0 昇竜弓の威力アップ。
MHFシーズン10 追加アクションに「武器出し即ビン装填」が追加。
また、矢斬り2段目からステップができるようになった。
「嵐の型」ではしゃがみ照準撃ち(オーラアロー)が追加。
また、剛種弓の強撃ビン効果が1.5倍から1.6倍にこっそりと変更。
MHFフォワード2 爆撃オーラ修正。
MHFフォワード.3 状態異常ビンにパラメータ(強化+1など)が追加。
しゃがみ状態から復帰がほんの少し速くなった。
MHFG1 溜め4の攻撃力が上昇。
曲射が追加。
ビン外しでビンを戻す必要がなくなった。
照準モードになった時に矢一本一本のガイドラインが追加され、
ガイドラインの色でクリティカル距離が分かるようになった。
MHFG1
2013/4/19
与えるダメージが一定値を超えると
与えるダメージが減る不具合が発覚する。
MHFG1
2013/5/1
上記の不具合が修正された。
MHFG2 進化武器とG級武器の強撃ビン補正が1.6倍(秘伝は1.7倍)になった。
携帯機操作の場合のみ、溜め状態からPS2コントローラーでいう□ボタンで回避行動に派生させることができるようになった。
MHFG2
2013/10/15
倍率が920以上の時、オーラアローに強撃ビン補正が適用されない不具合がひそかに発覚。
MHFG3
2013/11/13
上記の不具合が修正された。
MHFG3.2 曲射使用時にビンが消費されず、
弾丸節約術が発動したときの曲射使用時にビンが消費される不具合が発覚。
(不具合利用の処罰はなし)
MHFG3.2
2014/2/12
曲射の不具合が修正された。
MHFGG マイミッションに不具合。
弓のみ全プレイヤーに共通して、マイミッションの進行度が0になる不具合が発生。(2日後に修正)
MHFG8 全ての攻撃アクションが上昇すると書かれていたが、連射矢、貫通矢、拡散矢の威力が上昇した。
毒ビン、麻痺ビン、睡眠ビン、打撃ビンの威力が上昇した。
強撃ビンにだけ適用されていた剛種武具、進化武器、秘伝スキルによる補正が状態異常ビンにも適用されるようになった。
溜め段階による属性と状態異常補正が上昇した。
強撃ビンの最大所持数が80に、
毒ビンと麻痺ビンと睡眠ビンの最大所持数が40に、
ニトロダケの最大所持数が50に、
マヒダケと毒テングダケとネムリ草と眠魚の最大所持数が20に変更された。
弓技【弓鬼】の攻撃力補正が1.3倍に。(弓鬼のみ。大弓鬼は上がらない)
MHFZ 曲射の集中型のヒット数が増加した。
曲射の爆裂型のスタン値が上方修正された。
ニトロダケの所持上限数が99に増加した。
マヒダケ、毒テングダケ、ネムリ草、眠魚の所持上限数が50に増加した。
秘伝書の「極ノ型」が実装。
「極ノ型」では構えて溜めてからヒットした矢が真上に飛んでいく「昇天煌弓」ができる。
射撃後に続けてもう一度射撃が可能な「溜め連射」ができる。

関連用語


用語名タグ
ビン外し
[ビンハズシ]
MH2MHFテクニック
ぴくぴく連射
[ピクピクレンシャ]
MHP2MHP2GMHFテクニック
矢切り
[ヤギリ]
MH2MHP2MHP2GMHP3MH3GMH4MHFアクション
溜め1連射
[タメイチレンシャ]
MH2MHP2MHP2GMHP3MH3GMH4MHFテクニック
曲射
[キョクシャ]
MHP3MH3GMH4MHFアクション
剛射
[ゴウシャ]
MH4アクション
武器出し即ビン装填
[ブキダシソクビンソウテン]
MHFアクション
昇竜弓
[ショウリュウキュウ]
MHFアクション
しゃがみ照準撃ち
[シャガミショウジュンウチ]
MHFアクション
オーラアロー
[オーラアロー]
MHF
爆撃オーラ
[バクゲキオーラ]
MHFバグ・仕様・非正規
強撃ビン
[キョウゲキビン]
MH2MHP2MHP2GMH3MHP3MH3GMH4MHFスラッシュアックス
打撃ビン
[ダゲキビン]
MHFアイテム
爆破ビン
[バクハビン]
MH3Gアイテム
連射
[レンシャ]
MHGMHPMH2MHP2スキル
集中
[シュウチュウ]
MHP2GMH3MHP3MH3GMH4MH4GMHXMHFスキル
弾強化
[ダンキョウカ]
MHGMHPMH2MHP2MHP2GMH3MHP3MH3GMH4MH4GMHXMHFスキル
ビン追加
[ビンツイカ]
MHP2GMHP3MH3GMH4MH4GMHXMHFスキル
装填速度
[ソウテンソクド]
MHMHGMHPMH2MHP2MHP2GMH3MHP3MH3GMH4MH4GMHXMHFスキル
弓鬼
[キュウキ]
MHFスキル
ラピス(弓)
[ラピス]
MHF防具
ターコイズ
[ターコイズ]
MHF防具
エスピナUガイツ
[エスピナユーガイツ]
MHF防具
選民
[センミン]
MHP3MH3GMH4その他


スポンサードリンク