TOP > > 操竜

操竜

目次


操竜とは


モンスターを鉄蟲糸で拘束し、一時的に操ることができるシステム。

ダメージを与えた時に、ダメージ表記の周辺が青くなる攻撃(翔蟲を使った攻撃、ジャンプ攻撃、モンスター同士の攻撃、クグツチグモなどの環境生物、操竜状態のモンスターによる攻撃)を当てていくことで、
操竜のための蓄積値を溜めることができます。
蓄積値が一定になると、モンスターが操竜待機状態になり、
納刀中にAボタン、もしくは攻撃すると操竜を行うことができます。

ちなみに操竜時に翔蟲ゲージが全回復するので、
ゲージ回復の遅い鉄蟲糸技を使った後に有効なテクニックになる…かもしれません。


操竜タイマー(制限時間)


操竜タイマー
制限時間は攻撃を当てると時間が延長し、攻撃を受けると短縮されます。


操竜ゲージ


操竜ゲージ
モンスターへ攻撃を当てる、受け流しを成功させるとゲージが増加。
ゲージが最大まで溜まるとX+Aで「操竜大技」が使えます。


操竜中の操作


移動


左スティック+Rで移動。
大型モンスターでモンスターライドできる。


弱攻撃と強攻撃


操竜中のモンスターを攻撃させるコマンド。

操竜中にAボタンで弱攻撃。
操竜中にXボタンで強攻撃。

操竜するモンスターによって様々な攻撃の種類が用意されているようで、
左スティックとの組み合わせや連続入力で攻撃が変化する模様。


回避、緊急回避


操竜中のモンスターを強引に引っ張って行う回避。

左スティック+Bボタンで回避。
移動中や攻撃中、被弾中にBで緊急回避。

緊急回避は回避と同様のモーションですが、翔蟲ゲージを1消費します。


受け流し


攻撃を受ける直前で回避/緊急回避をすると、攻撃してきたモンスターにダメージを与え、怯ませることができます。

実は操竜中のモンスターが反撃しているのではなく、回避の動きでぶっ飛ばしている。
な、なんてことを…


突進離脱


操竜中のモンスターを突進させることができます。

壁や障害物にぶつけると、操竜中のモンスターはダメージを受けてダウンします。
ぶつけた後、ハンターは自動で操竜を終了してモンスターから降ります。

突進離脱が終了すると、鉄蟲糸がモンスターに絡まった状態になり、モンスターはしばらくの間、行動に制限がかかります。
例えば、リオレイアの場合は、突進しようとしても糸に引っ張られて少ししか進めなかったし、
飛ぼうとしても糸に引っ張られて飛べない、
といったことが起こります。

ぶつけてからBボタンを押すとダウン回避となり、再度突進離脱をさせることができます。
これには翔蟲ゲージを1消費し、なくなるまで可能。
連続でぶつけると、与えるダメージが僅かに増えていきます。


操竜大技


操竜ゲージが最大になると、X+Aボタンで使用できる強力な技。
発動させてからの効果時間は10秒で、効果時間が切れると操竜状態も終わってしまいます。

なお、ゲージが最大になると時間経過でゲージが減る状態になるので、
いつまでも使う前の状態は維持できないので注意。

操竜大技が使える状態、つまりゲージが最大時で発動前の状態では、
XとAの攻撃でダウンさせることができます。


操竜時のボタン設定


サンブレイクでは、
「オプション」 → 「CONTROLS」 → 「操竜時のボタン」で、
攻撃もしくは納刀してA、納刀してA、
のどちらかを選択することができます。

ちなみに、サンブレイクでは操竜待機中でも落とし物や翔蟲を優先して入手できるようになっています。




スポンサードリンク